バックナンバー
  • トップ

工事中の騒音・振動

建設業者に必要な騒音・振動対策

建設工事と騒音・振動の関係

建設業者が建物を建築する場合には安全に十分配慮する必要がありますが、同様に騒音と振動についても対策を講じることが求められます。工事の現場では、様々な機械を使用することで騒音と振動が発生します。日本では騒音規制法と振動規制法の2つの法律によって規制が行われています。また環境省では工事現場における騒音と振動の限度について基準を定めています。騒音は85デシベルまで、振動は75デシベルまでが許容範囲です。工事を請け負う場合には、現場における騒音と振動を基準以下にする必要があります。建物建築を請け負う建設業者が事前に十分な騒音・振動対策を講じることで、その近隣住民とのトラブルを未然に防止することができます。騒音と振動による被害は、裁判に発展する場合も存在します。慰謝料や損害賠償を支払うことになればコストが増大して工事価格も増加することになります。そのため騒音と振動について十分な対策がとられているかは顧客にとっても重要な関心事です。国土交通省は環境に配慮した低騒音な工事機械を指定し、その使用を推進しています。積極的に低騒音な機械を導入し、環境に配慮することで顧客の信頼を獲得することにつながります。建設業者が建物の建築工事を請け負い、効率的に工事を行うためには騒音と振動への十分な対策が不可欠です。

↑PAGE TOP