バックナンバー
  • トップ /
  • 短期間で建物の建設を行うには

環境省が定めた工事基準

短期間で建物の建設を行うには

効率的な建物建設に必要なこと

建設業者がマンションなど建築工事の期間を短縮するには、現場の環境を良好なものにする必要があります。作業員や周辺住民に対する安全対策だけでなく、騒音や振動への対策も重要です。工事現場では大型のトラックやショベルカーなど様々な機械を必要とします。そのため大きな騒音や振動が発生し、作業員や近隣住民の健康状態に影響を与えます。マンションの建設など大掛かりな建築工事の期間を短縮するには、作業員の作業効率向上を図ることが重要です。日本では工事現場における騒音と振動について法的な規制がなされています。環境省が定める基準では騒音は85デシベル、振動は75デシベルを超えることが禁止されます。工事を請け負う事業者は、騒音と振動への対策を十分に講じることで良好な環境を築き作業効率を向上させることができます。また騒音と振動への対策を事前に講じることで、近隣住民とのトラブルも未然に防ぐことが可能となります。仮に騒音と振動が原因となり裁判になれば、工事のコストも増大し工期も長期化します。建設業者がマンションなどの建築工事を短い期間で効率的に行うためには、安全対策だけでなく騒音と振動への対策も欠かすことができないものです。

↑PAGE TOP