バックナンバー
  • トップ /
  • 建設現場の騒音対策の重要性

騒音規制法という法律

建設現場の騒音対策の重要性

建設現場には騒音対策が必要

マンション建設など建築の現場では騒音対策が重要になります。また騒音だけでなく、振動についても注意が必要です。騒音や振動の発生を防ぐことで、近隣住民とのトラブルを未然に防ぐことができます。工事現場では必然的に騒音と振動が発生するため、近隣住民との間で裁判にまで発展する場合も存在します。慰謝料や損害賠償を支払うことになれば、工事のためのコストが増加することになります。そのためしっかりとした騒音と振動の対策が求められるのです。建設業者がマンションや住宅の建築を請け負う場合には、騒音対策だけでなく振動についても対策を施す必要があります。工事現場における騒音と振動について、日本では騒音規制法と振動規制法が定められ規制が行われています。環境省が定める基準では騒音は85デシベル、振動は75デシベルまでの発生が認められます。工事を請け負う事業者はそれ以上に損音と振動が発生しないように対策をとらなければなりません。建設工事の現場では、建築にあたって騒音対策などを十分に施すことで効率的な工事を行うことができます。近隣の住民とのトラブルを避けコストの増加を防ぐだけではありません。良好な環境で働くことが、現場の作業員たちの仕事の効率性を向上させることにもつながるのです。

↑PAGE TOP